fc2ブログ

「すずめの戸締り」 20221112

20221112194441.jpg


写真は入場者特典です
という事で
行ってきました。
「すずめの戸締り」


仕事終わりのレイトショーでしたが、
劇場の9割が埋まり
ほとんど、10代、20代のカップル
多分自分が最高齢(笑)
なかなかのアウェイ感ですが、
劇場内に満たされる
若い人達の新海監督作品に対する
期待感を感じられて、
劇場体験としては10本指に入る
only in cinemas

一つなにかで
この映画を語れと言われれば
「ボーイミーツガール」って最高ーーーー(笑)

なぜか

ひとーーーつ

最近、ハリウッド(特にでぃ〇にー)に吹き荒れている
ポリコレもLGBTも入っていなーーーーい
ポリコレだのLGBTだのやりたかったら、
それはそういうテーマの映画でやっれってーーーの!
某水泳選手の
「私は体は男ですが心は女なんです!!!!!
だから試合は女子枠で!!!!
でもレズなんで女の人が好きなんです!!!!」
的な発言に対して
だったらLGBT枠を作ってそこで試合しろ!!!!
みたいな。
ほんと、子供も観る映画ですら話の本筋に関係ないところにまで
無理やり入れてくるんじゃねーーーーよ!!
とここ最近思う事が多かったので
「ボーイミーツガールいいじゃないかーーー」最高だねって(笑)


ふたーーーつ
めんどくさい主張がないというか入らない、入らないように感じる事ができる。
某宮崎監督は
「いつまでもボーイミーツガールを描いている場合ではない」
と言って早々にこの手の話を辞めてしまい、
「いいたい事があるから描く」となっていますが、
新海監督のスタイルは
「描きたい事があるからボーイミーツガール」
宮崎監督のスタイルもいいんですが、
逆にそれが胃もたれになる事もありますよねと。
とにもかくにも男女の出会いありきで物語を
語るスタイルは、まるで新鮮な刺身のようです。


みーーーつ
主要サブキャラクターががっつりたばこを吸うシーンがある。
今後の地上波放送や主要ターゲットが若い人達という事を
考えるとなぜ?というくらいがっつり吸ってます。
ちなみに「すずめの戸締り」の舞台は現代日本です。
現代というより今です。
舞台は昭和だからOK----
とかじゃぁないんです。
地上波のテレビなんて今の若い人見てないからいいや!
としたのか???
だとしてもだ!
ストーリー上必要かと言われれば、
それも???
これは考察班の出番ですよ!!!(笑)
おっとこれは「ボーイミーツガール」とは関係なかった!!!


よーーーつ
新海監督作品なのに中高年向けサービスがある!!!
なにがサービスなのかは劇場で!(笑)


今回の「すずめの戸締り」もしっかりヒットして
新海監督の次作も監督の描きたいものを
描いて欲しいものです。

個人的に新海監督には10年後とかに、
戦争をテーマに映画を作って欲しいです。

「閃光のハサウェイ」を観た時に感じた、
「なんだかんだ言って富野監督世代の
戦争観は古く陳腐」

「閃光ハサウェイ自体は映画単体としては、
非常に楽しめましたが、御年80歳を
超える人達共通の、これは宮崎監督も
そうですが、どうしても世代で刷り込まれている
思想がそうさせるとしか言えないんでしょうが、
ロシアのウクライナに対する侵略戦争、
1~2年以内に起こるであろう、
日本の南海方面での侵略戦争。
遠い過去の記憶としての戦争ではなく、
へたをすると私達も体験してしまう戦争。

「シンゴジラ」で邦画初!?
という戦争の描かれ方がされましたが、
アニメ監督だけではなく邦画全体で
戦争映画のプロットは皆一緒という状況を
新海監督には打破して欲しいものです。









スポンサーサイト



Date: 2022.11.12 Category: 「すずめの戸締り」 20221112  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

ネクスト

Author:ネクスト
妖怪「積みプラ」のせいで、いつのまにか貯まっていくガンプラ
捨てる訳にはいかないし売ってお金になるものではない
という事で積みプラ崩しの為だけにガンプラ製作しても
ただ作るだけではモチベーションも続かずすぐ挫折。
ブログで製作を公開していけば続くのではないかと思い、
ブログを立ち上げました。
となるも今度はブログを続ける為にひたすらガンプラを
買う事に。
「目的の為には手段を選ばず、手段の為には目的を忘れる」
を地で行く展開にはなりましたが、
いいんです、物を作る事の楽しさに目覚めたから(笑)
という事で座右の銘は
「完璧を目指すのではなく完成を目指す」
又、当サイトは
Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

最新記事
ガンプラ人気商品
最新コメント
最新トラックバック
リンク
アクセスカウンター
ブログランキング
応援して頂けると嬉しいです
使用ツール
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ