fc2ブログ

MG ゼータガンダム Ver.Ka 45

20230722120326.jpg




ある意味、
一番テンションが上がる、
集合合体開始です(^^)








20230722120434.jpg








20230722120531.jpg





前面終了







20230722120651.jpg






20230722121331.jpg




後面終了。






20230722121744.jpg





という事で完成です!!
手首が着いてないじゃないかって?
この後、変形シークエンスに入るのと、
どういった形で飾るかによって
握り手か平手か決めてから
手首は作る予定なので、
これで完成なんです(笑)












スポンサーサイト



Date: 2023.07.30 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 44

20230722105338.jpg



デカール貼りも終了し、
製作過程としては、
今度こそ完成。










Date: 2023.07.28 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

ひょっとしてマークセッターって必須じゃなかった論

20230722104210.jpg



この部分のデカール貼り
たまたま、普段なら
貼る所にマークセッターを塗る→デカールを持ってくる
→スライドさせて位置合わせをする→綿棒で水分を取る
ではなくて、
マークセッターを塗り忘れて
デカールを持ってくる→マークセッターを塗り忘れていた事に気づく!
→めんどくさいからそのままスライドさせる
→以外と平気というか、かえってスムーズ!!!
あれ!マークセッターって必須じゃなかったの!?
という結果に。

この方法でやっていて、
どうしても所定の位置まで
もっていく途中で
動きが止まってしまった時だけ
マークセッターを
上から塗ると
やった方が全然スムーズでした。




なかなか水転写デカールを
付ける作業をしないので、
今回のMG ゼータ VerKaでの
作業がほんと久しぶりですが、
雑誌やネットで言われている方法も
嘘とかではないんでしょうが、
やはり自分でやってみて
この方法のがいい!!!
という新しい発見というのはあるもんですね(^^)











Date: 2023.07.26 Category: ひょっとしてマークセッターって必須じゃなかった論  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 43

20230717140548.jpg




足が完成したので、
足のデカール貼りを開始します。





20230717141513.jpg







20230717143611.jpg




なんとなく片足の
8割貼り付け完了。











Date: 2023.07.25 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 42

20230709172444.jpg





にょきにょき左足を
生やしていきます。







20230709180914.jpg





足が完成しました
というより
足も完成しました!!!
ひょっとして
全部組んだ?

こうやって足だけ見ると
ゼータって
水星の魔女とかの最近の子や
デストロイモードになると
身長が伸びるユニコーン君より
足長い(笑)












Date: 2023.07.24 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

速報!「全俺が泣いた!」ミッションインポッシブルデッドレコニングパート1

20230722145236.jpg



昨日、「ミッションインポッシブルデッドレコニングパート1」を
鑑賞してきました。

スパイ映画とトムクルーズの映画は映画館で
観ると決めている、
そして
還暦のトムが自分でスタントやっている姿を観て
自分も頑張ろうと思う
この点だけで劇場に行きました。
正直期待はしてなかったです。

なのになのに
まさかまさかの
「全俺が泣いた!!」状態に(笑)
まさか
スパイ映画で涙が
浮かんでくる事が
あるとは!!!

MIがうんぬん
というより
スパイ映画って
東西冷戦が終了以降、
東側というわかりやすい
悪い奴ら(笑)が
いなくなり、
露骨に今の悪い奴らを
描くと上映地域によっては
上映してくれないとか
実はスポンサーしていて~とか
まあ昔と違ってめんどくさい事が
多い世の中になってしまったので、
スパイ映画は好きでも、
悪い奴らの設定が
「なぜか幼稚な動機で
全人類を滅ぼすとかいう
極端な行動に走ってしまう、
おまえはいい年して中二病かよ!」
というのばかり。
まずその辺から
物語に入りこめなかったり
していて、
自分の中でスパイ映画は
仮面ライダーとかウルトラマンとか
そういうカテゴリーと同じメンタルで
観るもんだとなってました。


デッドレコニング
そこをやすやすとクリア!!!
今の時代に即してなおかつ
表現方法も秀逸


これでまずは序盤から
物語に入り込めました(^^)





20230722145216.jpg




「全俺が泣いた!」
理由は当然それだけじゃない(笑)
スパイ映画のお約束を全て踏襲して、
なおかつMI1~6のセルフオマージュ
いやいやオマージュというのは逆に
失礼。昇華と呼ぶのが相応しい
素晴らしい脚本






20230722144358.jpg





そして
忘れてならない
トム自身がスタントやっているという事。
いやいやそんなの
言われなくても
世界中の人が知っているよ!!
って事ですが、
上記で書いたように
秀逸な脚本のおかげで
今までのMIだと
「トムがこのアクションを
やるから、このストーリー、プロット」感が
強かったのが、
デッドレコニングでは
この流れでこの状況になるから
それはそうなるよね!
という納得感しか感じない。

この事で、予告編でも
さんざん観ているスタントシーンで
あっても体が反応してしまって
手から汗が出る出る(笑)



ここで思ったのが、
演者自らスタントするという事の
もの凄い効果。

個人的に自分で
スタントやる方が絶対に偉い!!!
とは思ってません。
アベンジャーズ作品大好きですが、
CGなりスタントをこれでもかって
利用して劇中の中でのリアルを作り上げて、
観客がそれをリアルだと感じれば、
それでいいじゃないかと。
心を動かす要因は
スタントを俳優自身がやる事や
CGを使わない事で決まる訳ではない
ですからと。

ただ今回この記事書いていて
思い出したのがちょっと前に観た
インディアナジョーンズ。
劇中でハリソンフォードが
やったスタントも当然あった
でしょうが、観ていて
スタント、CGを使って
どんなに映像としてリアルにみせていても、
「82歳のハリソンがやれるわけないよな」
と頭に浮かんでしまって、
物語に入り込めなかったのも事実。
逆に82歳のハリソンフォードに
スタント全部やれなんて言ったら、
もうそれは虐待になりますしね。

なにが言いたいかというと、
トム自身がスタントやる事が
すげーで終わらせずに
素晴らしい脚本と
一体となっている事が
すげーーーーという事(^^)

今回のデッドレコニングで
「全俺が泣いた!!!」
となったのは
感動して泣いたという事ではなくて
「まだスパイ映画でこんなに楽しめる事があるんだ、こんなに嬉しい事はない」
という事。
ララァにもトムには
いつでも会えるという事はないでしょうが、
「トップガンマーベリック」を観て
「トム、一生ついていくよ!!!」
って言ったけど、
前言撤回で
「あの世でもついていくよ!!!」
となりました(笑)



















Date: 2023.07.23 Category: 速報!「全俺が泣いた!」ミッションインポッシブルデッドレコニングパート1  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 41

20230709163210.jpg



右足が完成したので、
左足、
製作開始です。












Date: 2023.07.22 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 40

20230709155758.jpg



大地に立てたので、
外装をつけました。













Date: 2023.07.20 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 39

20230709134312.jpg





緻密なフレームを
まったくなかった事にする
外装をとりつけました。






20230709134740.jpg









20230709134835.jpg





ここまで
組んだら、






20230709135008.jpg





大地に立てました(^^)









Date: 2023.07.19 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 38

20230709112129.jpg



引き続き脚部の製作です。
関節のフレームの
緻密さもそうですが、
「俺、変形するんで」感が
ビシビシ伝わってきます(笑)




20230709132618.jpg





20230709134110.jpg




各部を組み立ていきます。











Date: 2023.07.18 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

君たちはどう生きるかを観て思った事

20230716160105.jpg




昨日
「君たちはどう生きるか」
鑑賞してきました。



「老いたな父上」
からぁぁぁぁぁぁぁのーーーーー
「あえて言おう!!〇すであると!!!」




20230716162502.jpg



上映が始まって
話が進めば進む程、
劇場内に広がる
「???????」
「一体なにを観せられているんだ????」
単に話がわからないから
そう思うというのとは違う
違和感だけが劇場内に
広がっていく感覚。
こんなの初めてです(涙)



鑑賞後、ネットで
今までの宮崎駿監督作品の
全てが入っているという評を
みて、
確かにその通りだなとは
思いましたが、
逆にそれって
新しい事が生み出せず、
過去作の要素を
詰め込むしかなかったんだなと。




20230716190555.jpg



家に帰ってきて、
テレビをつけたら
ジブリ作品やってて
そのまま
「これ観るの何十回目だっけ?」と
思いつつ

最後まで観てしまうという事を
してきた世代としては
この作品が宮崎駿監督の遺作と
なるであろうことがただ残念だし

「シン仮面ライダー」を観た後の
庵野監督の「シン」ワールドに
浸っていたのに「シン仮面ライダー」で
いきなり夢からさめたように感じさせられた
のと同じように
「宮崎駿ワールド」の夢から
醒めさせられた感覚。


どうせなら
「醒めない夢を観ているだけ」の
状態にしておいて欲しかったです(涙)






20230716162452.jpg



という事で
これから
ゲルドルバ照準に合わせて
「あれは憎しみの光」
かも知れませんが
「忌まわしき記憶とともに」
なかった事にします(涙)







Date: 2023.07.17 Category: 君たちはどう生きるかを観て思った事  Comments (0) Trackbacks (0)

キャリバーン買えました

20230716210744.jpg



昨日、無理だと
思っていた
キャリバーン
偶然というか
行ったらあった!!
という形で買えました(^^)







Date: 2023.07.16 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

デカール貼りのコツがわかりました

20230701114136.jpg




以前、この時点で
デカール貼りのこつが
わかったと記事をアップしましたが、





20230701142036.jpg





これを今まで
水にドボンして
3秒程度すれば
デカールは台紙からすべるようになる
と曲解していました。

当然、取説にあるように
3秒程度は浸しても
すぐにはすべるようには
ならないので、
「なぜだ!!!、なぜすべらぬ!!!」
とかなって
そのまま水の中ドボン状態を
続けて
のりが溶け出すくらい
つけておいてしまったり
して勝手に焦ったりしてました(汗)
ついでに






20230625150458.jpg






マークセッターって
水にひたしすぎて、
糊が流れてしまったから
使うもんだと思ってました(汗)

という事で結論


デカール貼りをする時は

1 デカールをまずは3秒程度水にひたす


2 そのままドボンしていると糊が流れだすので




20230625150223.jpg






20230701141809.jpg





こういったウェットパレットのような
湿気を保てるところに
デカールを置いて
自然に触ったら
すーーーとすべるようになるまで待つ
とにかくすーーーとすべるようになるもんなんだから
待つ。
デカールは水を一杯吸えば、台紙から
剥がれるとかではなくて
水分をあたえれば、待っていれば
すーーーーとすべるようになるから
とにかく待ってろって事だったんですね(笑)









Date: 2023.07.15 Category: デカール貼りのコツがわかりました  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 37

20230701160743.jpg



今回からは
脚部の製作です。






20230701161547.jpg




この内部フレームを
見てから






20230701163143.jpg



外装を取り付けると



nippper
「原点回帰」は本当か?/MG 1/100 ゼータガンダム Ver.Kaのカラーリングを考察する

この中の

以下引用

メカパーツもすごい。もはや「外装の一部を開けて内部の構造をあえて見せる」みたいな方法論は(これはスケールモデルで見出され、40年ほどまえからガンプラにも”輸入”された演出のひとつだ)ごく初期のマスターグレードやパーフェクトグレードでこそ仕様として実装されているが、昨今のマスターグレードにおいて内部フレームは「組み立てる途中で見える景色」でしかないだろう。

以上引用終わり



上記のからぱたさんの
書かれている意味が実感できました。




又、赤色のスリッパの
内部フレーム露出部も

以下引用

 白いパーツを仔細に見ていくと、小さな開口部が散見される。表面の情報量を増やすために内部のメカパーツがここから覗くという演出のためにあるのだろうが、これも設定画では「白いところにただ三角の線が描いてあるだけ」みたいなところも多い。重層的なパーツ構成と圧倒的な精度で組む楽しみを味わいつつ、完成時に白い部分がのっぺりしないように……という意図に対して、「設定画にはなかったディテールや色」を減じていったときの出来上がりはどうなるのか想像してみたい。

以上引用終わり

記事では
白パーツですが、
なるほどこの内部フレームの
露出はそういう事なのかと。




今回のゼータは
Ver.Kaであると同時に
原点回帰でアニメに
寄せるはテーマとして
あったけど、
それだけではなくて、
メーカーとしての
色々なしかけを
実感する事ができるキット
です。







Date: 2023.07.13 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 36

20230701142855.jpg




20230701144523.jpg




前回、書いたように
デカール貼りのコツ?を
習得したせいで
以外にサクサク進みました。





20230701150202.jpg




デカール残るは
脚部のみという状態で
残りは上の写真くらい
まさかVer Kaのデカール貼りが
楽しいと思える日が来るなんて(笑)











Date: 2023.07.12 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 35

20230701112656.jpg



今回は
亀千人の甲羅
ではなくて
ランドセルじゃなくて
ウエィブライダー形態時の
なにか(笑)に
デカールを貼っていきます。






20230701114136.jpg





このあたりで、
なんと!!
デカール貼りのこつが
わかってきた!?(笑)














Date: 2023.07.11 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 34

20230701110140.jpg



今回は腕のデカールを
貼っていきます。





20230701111351.jpg




まずは片腕の表面から
ここでちょっと
知恵?が働いて
このまま裏面のデカール貼りを
始めるとまだ完全密着していない
貼ったばかりのデカールが
剥がれる可能性があると
考え、
一旦食器乾燥機へ。







20230701112526.jpg






もう片方の腕の表面の
デカール貼りをしてから






20230701112551.jpg





両腕デカール貼り終了~










Date: 2023.07.10 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

シュバルゼッテ買えんかった

20230708215324.jpg


エアリアル
フルメカニクス買いました。
という事がいいたいのではなく
昨日、シュバルゼッテ発売日でしたが、
仕事だったので、
仕事後に行ったら
当然、どこも
SOLD OUT!!!
次回入荷は未定です状態。
ネット上の情報では
8月にも再販が
あるようなので、
それを待ちますが、
買えなかった!!!
という感情をぶつけるように
エアリアルフルメカニクスと




20230708215307.jpg



先日も買った
ルブリスを
将来のミキシング用と
して追加購入しました。


今回はミキシング用として
購入はしていますが、
同一機体を複数買いは
オルフェンズの
グレイズ以来です。
オルフェンズのシーズン1の時は
観る→キット欲しい!!!
という衝動がMAXで
グレイズを4個程買って
全部、塗装違いで
全部作るという偉業を
達成してました(笑)




20230708223410.jpg




先日、ご祝儀購入と
称して買ったのがこれで





20230708223437.jpg



今回買ったのを
合わせると
こんな感じ。
やっぱりガンダムは
観せて→買わせる
までがワンターン(笑)









Date: 2023.07.09 Category: シュバルゼッテ買えんかった  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 33

20230701091504.jpg






20230701093639.jpg




今回はビームライフルに
デカールを貼りました。
思いのほか少なく
あっという間に
終わったのですが、
こうやって貼ってみると
一杯貼ればいいというものでは
ないというのを実感します。









Date: 2023.07.07 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 32

20230625153654.jpg




ゼータにこんなのついてたっけ??
な尻尾
ではなくて
ウェーブライダー時の尾翼?
にデカールを貼っていきます。






20230625154859.jpg




表面積に対して
大きいデカールは
かえってスケール感を
失うんじゃないかと
思ってはいるのですが、
久しぶりのデカール貼りで
ちょっと大きいのを
貼りたくなったので、
選択式でしたが、
大きい方を選択。

こちら側は良かったのですが、





20230625155723[1]





デカール貼り
あるあるの
もうちょっと引っ張れば
いけんだろ
で失敗しました~










Date: 2023.07.06 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 32

20230625153453.jpg





20230625153503.jpg






盾、デカール貼り終了。











Date: 2023.07.05 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 31

20230625145931.jpg







20230625150954.jpg






久しぶりの
水転写デカール貼り
まずは盾から
始める事にしました。






20230625151233.jpg



久しぶりで
稚拙な作業になり
大変といえば
大変だけど、
うまくいくと
楽しいといえば
楽しい(^^)











Date: 2023.07.04 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 31

20230625150500.jpg


デカール貼りと言えば
最近、成分を変えた
次世代のマークセッターな
わけですが、





20230625150223-2.jpg


デカール貼りが
つたない自分を
大いに助けてくれるのが
ウェットパレット




nippperで紹介されていた
待ち時間ゼロ!流れ作業でプラモのデカールが貼れる方法教えます。


程ではないですが、
デカールを水に沈めて
一体いつ引き上げれば
いいんだろうからは、
簡易的ですが、
解放されます(笑)









Date: 2023.07.03 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)

水星の魔女 最終回

水星の魔女最終回
まさかまさかの
大団円!!!

いい意味で裏切らました。

シーズン1のあのハエたたきの
惨劇から最終回も
凄惨なものになるしかないだろうと
思っていましたが、
終わってみれば
大団円!!!
復讐と戦闘だけが
ガンダムじゃないという
素晴らしい結末でしたね。

それに
ミオリネさんが
最後の方でシャディクガールズに
言ったセリフは
今までのガンダムにあった

人は分かり合えるはず
→分かり合えませんでした~

という事に対する
それでも前に進んでいくという
新しいメッセージになっていて、
ファースト世代のおっさんとしても
新しいガンダムの描き方として
感涙でした(^^)


それに全然知らなかったのですが、
ガンダムSEEDの新作映画


ガンダムSEEDフリーダム

実はSEEDってほとんど観た事なかったので
新作公開までに
これは観ねば!!!
となりました(笑)









Date: 2023.07.02 Category: 水星の魔女 最終回  Comments (0) Trackbacks (0)

インディージョーンズと運命のダイヤル

20230701195549.jpg



昨日、インディージョーンズと運命のダイヤル
鑑賞してきました。



ディ〇にーと、〇ーカスふぃるムという
最近では不安要素でしかない
映画会社タイトルから始まる
今回のインディージョーンズ、
不安を裏切りませんでした(笑)



でもまあ
ハリソンフォードさんも
今回でインディー役はもうやらないと
言ってるし、監督も俺は続編をやらない!と
言っているし、もうこれ以上この映画に
とやかく言うのは野暮というものでしょう(笑)


観ていて気付いたというか、
思い出したのですが、
ハリソンフォードさん、
おっと間違えた!
インディアナジョーンズさん
過去作で超人血清を決めていた、
おっと間違えた、
超人血清を飲んでいたんですよね。
だから一発のパンチは重いし、
劇中銃で9回プラス1回撃たれても
平気、平気だったんですね。
そこは皆さん暖かい目で
観ましょう(^^)





Date: 2023.07.02 Category: 映画  Comments (0) Trackbacks (0)

FC2ブログのツイッター連携の件

5月半ばにFC2から


「Twitter API V2」へ対応した新しい「Twitterとの連携」機能のリリースについて


今のままではツイッターへの通知は
できなくなるから、再設定してね!

→やり方は自分で調べてね


というのが来ていて、
そもそもこの通知に書いてある内容する
理解できずほったらかしていたら、
自分のような零細ブログでも
ツイッターへの通知が
できなくなったら
あからさまにPVが激減したので、
再設定をする事にしました。

ググると



七紙零様の
ネームレスゼロの記事というブログで


[雑記]FC2ブログの新しい「Twitterとの連携」の図解付き備忘録。 Twitter API V2対応が面倒だった話

を発見。


この通りやって
最後のFC2の設定画面で
キーを入れる時に

キー発行→一旦ワードにコピー
→セーブ
→ワードにコピーしたものをFC2に貼り付け
とやっていたらひたすら連携失敗していたので

キー発行→都度コピーしてFC2設定に直接貼り付け
→セーブ

とやったら
できました。



七紙零様、本当にありがとうございました(^^)




Date: 2023.07.02 Category: パソコン関係  Comments (0) Trackbacks (0)

水星の魔女ご祝儀購入

20230701085851.jpg




20230701085832.jpg




20230701085819.jpg




20230701085913.jpg




明日でいよいよ最終回となる
水星の魔女
楽しませてくれてありがとう!!!
という事で
ご祝儀購入してきました。
どれも初回発売日のように
棚に並んだ瞬間に蒸発!!!
とかはならず、
普通に買えましたが、
逆に言うと
今、棚にあるものが
消えたら、
宇宙世紀のガンプラと
違って
いつかは再販されるけど
それはいつかわからない
という状態になるのは
目に見えていますから。

今回、買ったなかで
ルブリスとウェポンディスプレイベースは
ミキシングその他で
もう少し欲しいところ。








Date: 2023.07.01 Category: 水星の魔女ご祝儀購入  Comments (0) Trackbacks (0)

MG ゼータガンダム Ver.Ka 30

20230625145843.jpg


「公明の罠」とは
なにか





20230625145854.jpg



デカールです。
Ver.Kaと言えばデカール
デカールと言えばVer.Ka

多分、MGのユニコーンだったような気が
するんですが、気がおかしくなるような
デカールの獣だったと言われて
いたような気がします。
このまま脚部を作って
形としては完成~
としてしまうと
今までの自分の
性格からデカールを
貼り終えるのは
不可能と判断して
ここからデカール貼りを
します。




20230625145645.jpg



MGなので当然
水転写なんですが、
実物をこうやってみると
以外に少ない!?
これなら自分にもできるかも(^^)








Date: 2023.07.01 Category: MG ゼータガンダム Ver.Ka  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

ネクスト

Author:ネクスト
妖怪「積みプラ」のせいで、いつのまにか貯まっていくガンプラ
捨てる訳にはいかないし売ってお金になるものではない
という事で積みプラ崩しの為だけにガンプラ製作しても
ただ作るだけではモチベーションも続かずすぐ挫折。
ブログで製作を公開していけば続くのではないかと思い、
ブログを立ち上げました。
となるも今度はブログを続ける為にひたすらガンプラを
買う事に。
「目的の為には手段を選ばず、手段の為には目的を忘れる」
を地で行く展開にはなりましたが、
いいんです、物を作る事の楽しさに目覚めたから(笑)
という事で座右の銘は
「完璧を目指すのではなく完成を目指す」
又、当サイトは
Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

最新記事
ガンプラ人気商品
最新コメント
最新トラックバック
リンク
アクセスカウンター
ブログランキング
応援して頂けると嬉しいです
使用ツール
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ