fc2ブログ

かばんとサーバルとジャパリバス 22

20200724215326.jpg


最初からくろがね四起はこの色設定だったんじゃなかろうか、
というくらい違和感がない(笑)




Date: 2020.09.30 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 21

20200724135311.jpg


サーバルちゃんの時の柄ほどちゅうちょしませんでしたが、
やっぱり筆の一発塗りは緊張しますね(^^)





Date: 2020.09.29 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 20

20200712170835.jpg


なんか激しく現物と色合いが違ってますが、
完全にイエローは正義となってます(笑)





Date: 2020.09.28 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

「テネット」 2回目 20200926

20200926163656-2.jpg


昨日、「テネット」2回目を観てきました。

率直な感想
「1回しか観る気がないなら1回も観るな!」(笑)

先週1回目を観てからネットに溢れるテネット解説を
さんざん見てから行ったおかげもあって、
1回目より深く楽しめました。


2回目観るに際して、当初は昨日横浜で研修があったので
横浜で観ようと思っていたのですが、

「テネット」グランドシネマサンシャインでのIMAXオープニング成績が世界1位を記録!

この記事を読んで急遽池袋グランドサンシャインに変更。


20200926192939.jpg


20200926163219.jpg


ネットで予約する段階からIMAXで撮る事に異常な?
執念を燃やすノーラン監督作品をトリミングなしで
上映できる日本で2か所の内の1つというのが
大きいのか他のIMAXを持っている劇場より早い段階で
ほとんどの席が埋まっていました。

あとここで「インターステラー」を観た時にも感じたんですが、
他のIMAX劇場より音が適切な調整されている感を
とても感じました。
他のIMAX劇場って音とりあえずでかくしときました!!!
以上終わりみたいなところが多いんですが、
このグランドシネマサンシャインのIMAXはそういう不快感を
ほとんど感じません。



20200927083844.jpg


感銘を受けた作品のパンフレットは必ず買うようにしているので、
テネット」のパンフレットも当然購入したんですが、
テネット」の場合は感銘を受けなくても必ず買いましょう(笑)
まだ公開直後という事もありますが、書籍として多分、
現状このパンフレットが世界で一番詳しい解説本
と言えるくらい内容が濃く読み応えがあります。
当然読んだらもう1回観に行きましょう!!!







Date: 2020.09.27 Category: 「テネット」 2回目 20200926  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 20

20200621204154.jpg



タイヤのホイールをイエローに塗っただけで、
「絶対こっちの方がいいんじゃん。なんであんな辛気臭い色なんだよ~」
→「実車があの色だから」(はい!論破)




Date: 2020.09.25 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 19

20200621203123.jpg


久しぶりのスケールモデルで久しぶりの接着剤前提のプラモ製作。
接着剤のにおいをかぐと「この匂い!この刺激臭!こそプラモデル!!」
とスケールモデルやっていてもガンプラ臭を漂わせてしまうのは、
ファースト世代・・・・・

ちなみにこの裏面はまったく塗装しませーん。
だって見えないから!




Date: 2020.09.23 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 19

20200601152315[1]


タイトルが「かばんとサーバルとジャパリバス」
かばんちゃんとサーバルちゃんができたので、
今回からジャパリバスを作ります。
そーですジャパリバスです。

よーく心の目で見ると
この日本陸軍 95式小型乗用車 くろがね四起
こんな辛気臭い色ではなくてイエロー
黄色じゃなくてイエローが良く似合うように見えますよね
というか似合うとしか思えない。
逆に一番似合わないのがこの辛気臭い色としか思えなくないですか?

今回、ジャパリバスを追加で作ろうと思ったきっかけは
nipperの
黒と銀と、あなたの好きな色。/「ビビリのカーモデル」を作る。

何度でも作れるという幸せ。タミヤ 1/48 シトロエン 11CV スタッフカー

からぱたさんとクリスチさんの記事を読んだから。
この記事を読んで実際にあった物をプラモデルにした
スケールモデルでも自分の好きな色を塗っていいんだと思えたから。

いつの間にか、「リアル」に作る=プラモデルを作る事
と硬くなっていた心がこの記事で好きに塗っていいんだ、
その方が楽しいんじゃなかろうかと思えるようになりました。

それはそうとフィギアのおっさん2人は作りません。
なぜならジャパリパークに絶対に絶対に絶対に
こんなおっさんはいない、というかいてはいけないのと、
縮尺の関係でかばんちゃんとサーバルちゃんと並べると
これから5m級の巨人に食べられる人にしかみえないから・・・・・・








Date: 2020.09.22 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 18

20200701133445.jpg





20200701134204.jpg



「頭がどうにかなりそうだった・・・・・
プラモデルを作るとか、塗装をするとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと深淵なものの片鱗を味わったぜ・・・」

という事でさーばるちゃんとかばんちゃん完成。

ほんと色をどうするのとかは「頭がどうにかなりそうだった」です(笑)


20200601154646[1]


パーツこれしかないのに、ほんと頭と手を使わないと
先に進みませんでした。

このキットを買う&作ろうと思ったきっかけ

君は500円フィギュアの裏側を見る。
「minimum factory かばん&サーバル」レビュー②~


以下引用

「このプラモデルは挫折してもいい」

これを完成させるのは、正直、めちゃくちゃ難しいし、面倒くさい。
でも、私は一人でも多くの人にこのキットを組んでみて欲しいと思う。
メチャクチャになってゴミになってしまったとしても、
このキットを組んで見ることで見えてくる世界があるからだ。

以上引用終わり。

自分で作ってみて確かに「今まで見た事のない世界」を見た気がします。
いや、確かに見えたと
ここでは言いたい。

あえて、つや消し吹いて、筆でちょこちょこ塗るだけでも
いいから挑戦してみましょうとは言いません。
というか言えません。
なぜなら
「買ったからには、作ると決めたからには、塗ると決めたからには、
妥協する事は許さん!!!」
とサーバルちゃんとかばんちゃんが言ってくるから(笑)








Date: 2020.09.21 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 17

20200701132702.jpg




20200701132641.jpg


かばんちゃん
どーがんばっても腕と手首がきっちりつきませんでした~


20200701132710.jpg


かばんちゃんのかばんちゃんたる所以の
かばんをきっちり取り付けようとすると
どうしても腕と手首がうまくつかない位置にしかできませんでした。
これをもって、組み立てるだけで取説のような完成品のように
ならないじゃないかーーーーー
とは言いません。
なぜなら



20200701132653.jpg

前から見ればわからないから(笑)




Date: 2020.09.20 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

テネット 20200918

20200918201752.jpg


クリントイーストウッド監督と並んでこの監督の映画は絶対に行く!
クリストファーノーラン監督最新作「テネット」鑑賞してきました。

感想を一言でいうなら、これは
ノーラン版「2001年宇宙の旅」
その心は一回観ただけではわけわからないから(笑)

「2001年宇宙の旅」が作り上げた50年間のSF映画の金字塔を
「インターステラー」で引継ぎ、「テネット」で「2001年宇宙の旅」の
映画体験を再体験させてもらえるというありがたい映画です(笑)

この映画を1回目で楽しむ「たった一つの冴えたやりかた」は
「Don’t think, feel」
それでは良い映画体験を!

PS:「テネット」IMAXカメラで撮影されIMAXで鑑賞する事を前提としているので、
  IMAXで観た方がより楽しめると思いますよ。









Date: 2020.09.19 Category: テネット 20200918  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 16

20200628170239.jpg


ある意味今回の製作の山場?
ともいえる、サーバルちゃんのヒョウ柄。
なにが山場ってこれ筆塗りのフリーハンド&フリースタイル。

小学生が夏休みの宿題の読書感想文で
「自由に書いていいですよ」
と言われている状態。

大人になってから知ったんですが、
子供で「自由に書いていい」
と言われてまともに書ける子なんかいないという事実・・・・
考えてみれば当たり前ですよね~

という事でサーバルちゃんのヒョウ柄、
とにかく最初の一筆が逡巡してでないでない。
「やった事ないんでどうしていいかわからない」→「失敗したら、これシタデルだしやり直しきかない」
これの無限ループ
結局「えいや!!!」でやりだしたら意外に思ってたよりは
うまく描けて、やってるうちに少し楽しくなるというね。

当たり前ですけど、「習うより慣れろ」
手を動かして経験積むしかないという当たり前の結論に(^^)








Date: 2020.09.17 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 15

20200607131225.jpg


今回はさーばるちゃんの足から腰の製作。


20200607131446.jpg


接着する→ムニュと出る→やする→サーフェーサーをふく

というプラモデル製作っぽい事を久しぶりにやりました。

盛大にひけてますが・・・・・


20200607164209.jpg


パテ盛る→やする→サーフェーサー

をしてそれなりな表面になりました。




Date: 2020.09.15 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

ホビージャパンエクストラ 2020年夏号

20200901190804.jpg


毎回1つのテーマを深く掘り下げるホビージャパン別冊

ホビージャパンエクストラ

今回のテーマは「憧れるハイクオリティな模型作品を作りたい」

まあ自分が買おうと思ったのは


20200913164656.jpg


20200913164707.jpg


この黒と赤の色味の違いの解説ページで
いつもカラーチップ作る時の参考になればと思ってほぼ衝動買い。

衝動買いだったので気付かなかった?んですが、


20200913165959.jpg


20200913170113.jpg


nishi氏製作「アリス・ギア・アイギス」の作例と
urahana3氏製作「STELLA INNOCENT ver」&「STELLA TEARS ver」の作例
これが皆大好き、読んだだけで作った気になれる細かい作業手順を載せているのと、
合わせて使用ツールも詳しく載っているんですよ。
こういうツールも一緒に解説してくれていると、「この工具を買えばWWWW」(ここのわくわくポイントは
使えばじゃなくて買えばという事(笑))
と思える事。


20200913171907.jpg


巻末には抜かりなく「プロモデラー御用達、工具、マテリアルカタログ!!」載せてます。

積みプラも楽しいですが、ツール集めも何気にプラモデルという趣味で
手軽?にわくわく感が味わえるポイントですからね(^^)

ホビージャパンエクストラ季刊という事で月刊誌ではなかなか細かく
作例写真を載せられないような事も季刊ならではの細かさで
載せてくれるので、総集編的なムックとして出る本も楽しいのですが、
季刊ならではのタイムリーさをもちつつ、中身は濃いというのは
次回も楽しみになります。

それはそうと


20200912164832.jpg


20200912164935.jpg


昨日、「インターステラー」観た後で寄った新宿ヨドバシで
先日紹介した「女の子プラモペイントの教科書」の作例と
「ホビージャパンエクストラ」の作例が展示されていました。
「ホビージャパンエクストラ」の作例は撮ったと思っていたら、
撮れていなかったのが残念でしたが・・・・・








Date: 2020.09.13 Category: ホビージャパンエクストラ 2020年夏号  Comments (0) Trackbacks (0)

インターステラー 20200912

20200912123347.jpg


「インターステラー」をどうしても、もう1回観たくて


20200912121836.jpg


20200912123422.jpg


池袋のグランドシネマサンシャインに行ってきました。

ここにした理由は

・「テネット」日にちが変わったと同時に上映&広告、予告編上映一切なし!!!
 という「わかってるね!!!」感があった事。

・予約開始直後からかなりの予約が入り、結果ほぼ満席となった事

・「テネット」をここで観れるかはまだ不明だが、一度ここのIMAXを
 観ておいてどの席があたりかのあたりをつける為。

この3点の理由で選びました。

という事で1席ごととはいえほぼ満席状態&選んだ席が
自分の予想的中でかなりベストの位置だったのと
先週観た劇場より音の調整ができてる感があり、
今回で3回目となる「インターステラー」堪能できました。

ただ一つ残念?だったのは劇場内が暑いというか、
湿気が取り切れてないような空調だった事。
自分が暑がりからかもしれませんが、
なかなかそういった風に劇場で感じた事がないので
このあたりが不安要素かなと。

という事でノーラン祭りからああああああの「テネット」
どの劇場で観るかはまだ未定ですが、とても楽しみです。

PS:今回の「テネット」に関してはノーラン監督が「IMAX」前提で
  製作しているとの事で、まずはIMAXで観て、2回目観ると
  したら皆大好き立川シネマシティという流れにしようと思ってます。





Date: 2020.09.13 Category: インターステラー 20200912  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 14

20200621165104.jpg


今回はかばんちゃんとサーバルちゃんのお化粧をしました。

本当はマクロレンズとかでアップの写真も撮っておけば良かったんでしょうけど、

やはりその場の早く組み上げたいというで撮影を忘れがちになります。




Date: 2020.09.10 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 13

20200616182629.jpg


サーバルちゃんの頭塗装。

塗装する場合にありがちな、色をどれにするか迷う→

塗装するの過程で撮影を忘れるとか

パチ組のように足→胴体のようなきりがいいというのがなかなかできなくて

撮影を忘れるとかの連発で

どうしても、製作過程紹介がちぐはぐになってしまいますね。

PS:朝夕は少し前よりましになってきたとはいえ、
  まだまだ暑い。
  今、日本のオフィスの冷房温度ってどうなってるかはしりませんが、
  まさか昔、某省庁の課長が思い付きでいった28度を信じてる
  所はないとは思いますが、そもそも論で28度は論外にしても
  正直24度程度にはしないと、日本のような高温多湿の環境で
  まともな仕事なんかできるわけないですよね・・・・
  どっかで読んだのでは、どっかの役所では試しに23度か24度に下げて
  業務やってみたら、効率が上がって残業が激減したとか・・・・
  クールビズが広がった理由はなにも日本人がその方が高温多湿な
  日本では合理的だと思ったからではなく、役所がそうするようになったから
  という事だそうなので、エアコンもこの際、24度とかけちな事いわず
  22度とか言ってくれませんかね。



Date: 2020.09.08 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

インターステラー 20200905

20200905195055.jpg


「テネット」公開に向けて行われていたノーラン祭り

そのとりを飾る「インターステラー」昨日観てきました。

映画館でまた観れるというだけで奇跡的だったんですが、

今回はちゃんと?IMAX上映。

感慨無量でした。

約3時間もある長い映画で、映画だけではなくDVDでも何回も

観ているのでだれるかなと思っていましたが、

まったくそんな事なく最初から最後まで堪能できました。

もし可能ならあと1回、それもできるだけ満席になっているような

時間で行きたいですね。

それにしてもこの「インターステラー」

2016年公開当時のポスターや予告編

できが悪かったわけでもないんですが、

それだけ観てもまったく映画の内容が想起できない

しあまり観る気にもさせないというものでした。

まあ、一番面白いのは予告編などと揶揄される映画の

逆バージョンなんでいいんですが(笑)

という事でまだ観てない方、今ならIMAXで観れるので

是非映画館へ!!!







Date: 2020.09.06 Category: インターステラー 20200905  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 12

20200611180630[2]


かばんちゃんの靴の色は

水性カラーのワインレッドの決定


20200611181359.jpg


当然と言えば当然ですが、一回目では色はのりません。


PS:近所のセブン〇〇ブン、特定の店というわけではなくて
  結構、何店かで若いアルバイトの子達って
  「レシート必要ですか?」という事聞いてくるんですけど、
  これってそう教えているんですかね。
  聞いてくるならまだましなんですが、最初から
  こちらが言うまで渡す気もないという子も多い。

  「すぐ捨てる人が多い」とか「受け取らない人が多い」
  だから親切で聞いているとか????
  まさか天下のセブン〇〇ブン様でそんな風に考えて
  社員教育してるなんて事はないと思いますが。
  お金のやりとりしてお金の受け取りの証拠である
  レシートや領収書を渡さないという事は、
  感覚的には商品やサービスを受けているのにお金を
  渡さないのを是とするくらいの違和感があるのですが・・・・
  まさか今の若い人たちはそういうもんだから、
  まさかまさか天下のセブン〇〇ブン様が
  そんな風に考えてるなんて事は
  まさかまさかまさかないとは思いますが・・・・・





  
  
Date: 2020.09.04 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

かばんとサーバルとジャパリバス 11

20200611180602.jpg


今回はかばんちゃんの靴の色を何色にするかの

カラーチップ?もどきを製作・・・・・




Date: 2020.09.02 Category: かばんとサーバルとジャパリバス  Comments (0) Trackbacks (0)

女の子プラモペイントの教科書

20200901190650.jpg


8月末に発売と聞いたときから気になっていて、

本日、店頭で立ち読みして即買いしました。

作例はマックスファクトリーのプラキットシリーズ

「PLAMAX」から




とそうそうたるラインナップ。

これをシタデル、ファレホといった水性カラーで塗る過程が

詳細に書かれているんですが、残念ながら今製作している

かばん&サーバルの作例はなかったです(涙)

しかし、世代的にドストライクなディードリットの詳細な塗装があったので、

いずれ作ってみたいかも。

それにしてもやっぱりプロモデラーってすごいですよね。

メイクアップエディションなんて肌色っぽい成型色の

パーツしかないものを塗り分けていくっていうだけで、

脅威のメカニズム

ではなくて脅威の技術です。

基本的に手元を見せる形での制作過程を詳しく

載せているので、個人的にこういった本に求める

一番大事な

「読んだだけで作った気になれる」という点でも買う価値ありありです。

あとばーーーと流し読みして

参考になった事

・サフは吹かずサフ替わりにクリアーを塗布。

・デカールの密着度を上げる為にクリアーを塗布。

そうかそうだったのか!

明日からの製作にさっそく取り入れたいと思います。

PS:シタデルでこれをやったら絶対日本での売り上げ伸びるだろうけど、
  絶対やれないだろうなぁと思った事
  色名などを英語ではなくて全て日本語にする事(笑)






Date: 2020.09.01 Category: 女の子プラモペイントの教科書  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

ネクスト

Author:ネクスト
妖怪「積みプラ」のせいで、いつのまにか貯まっていくガンプラ
捨てる訳にはいかないし売ってお金になるものではない
という事で積みプラ崩しの為だけにガンプラ製作しても
ただ作るだけではモチベーションも続かずすぐ挫折。
ブログで製作を公開していけば続くのではないかと思い、
ブログを立ち上げました。
となるも今度はブログを続ける為にひたすらガンプラを
買う事に。
「目的の為には手段を選ばず、手段の為には目的を忘れる」
を地で行く展開にはなりましたが、
いいんです、物を作る事の楽しさに目覚めたから(笑)
という事で座右の銘は
「完璧を目指すのではなく完成を目指す」

最新記事
ガンプラ人気商品
最新コメント
最新トラックバック
リンク
アクセスカウンター
ブログランキング
応援して頂けると嬉しいです
使用ツール
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ