fc2ブログ

やっぱりそうだったのか!?サフはいらなかった!!!

吹く?吹かないサーフェイサーのお話


YouTubeをたまたまみたら
プロモデラーマイスター関田さんの
サーフェーサーはいらないという話を見て
やっぱりそうだったのか!
と納得しきりでした。

個人的にぴかぴかキャンディー塗装大好きで
できるだけつやつやな表面にしたいと思う事が
多いわけですが、
前からどんなに研いだとしてももともとの
プラ表面より滑らかな面ができるのか?
という疑問があったんですが、
この動画の内容を大まかに言うと
「自分自身使わない」
「サフ自体に食いつかせる為にトゲトゲの顔料が入って
いて表面が荒れてしまう」
「塗料メーカーが公式にサフを使わなくても塗料自体で
プラモデルに食いつくようになっている」

ではどんな時には吹く事自体に意味があるのか

「パテ、ウレタン、金属のパーツ等
プラ以外の素材が下地に組み合わされた時のみ
有効」
との事。

以前オートモデルGTことフィニッシャーズの川口さんに
なにかの展示会で直接、サフって必要ですか?
と聞いた時も
「表面が荒れるから使わない」
「フィニッシャーズのファンデーションと頭についている
塗料は隠蔽力が強い顔料を使っているからサフは吹かない」
というような事をおっしゃってました。

ではなぜプラモデル塗装=サーフェーサーを
吹かなければならないという風潮があるのか?

関田さんは80年代、90年代
今程、無改造でもかっこいい!!なんて
ガンプラがなかった時代に模型誌でプロモデラーが
プロポーション改修その他でガンガンポリパテ
もりもりで改造しました→サーフェーサー
という手順でやっていた事が
塗装前にサーフェーサーは吹かなければ
ならないという思い込みに繋がっているのでは
ないかとの事。
特に10代の頃にこういった記事を読んできた
40代、50代は刷り込まれてきたのではないのかと。
これも納得しきりですね。




Date: 2021.01.31 Category: やっぱりそうだったのか!?サフはいらなかった!!!  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

ネクスト

Author:ネクスト
妖怪「積みプラ」のせいで、いつのまにか貯まっていくガンプラ
捨てる訳にはいかないし売ってお金になるものではない
という事で積みプラ崩しの為だけにガンプラ製作しても
ただ作るだけではモチベーションも続かずすぐ挫折。
ブログで製作を公開していけば続くのではないかと思い、
ブログを立ち上げました。
となるも今度はブログを続ける為にひたすらガンプラを
買う事に。
「目的の為には手段を選ばず、手段の為には目的を忘れる」
を地で行く展開にはなりましたが、
いいんです、物を作る事の楽しさに目覚めたから(笑)
という事で座右の銘は
「完璧を目指すのではなく完成を目指す」

最新記事
ガンプラ人気商品
最新コメント
最新トラックバック
リンク
アクセスカウンター
ブログランキング
応援して頂けると嬉しいです
使用ツール
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ