15時17分、パリ行き

20180320204904.jpg



20180321001101.jpg



昨日、明日は休みという事で仕事帰りに

ジャケ買いの如く、この監督だったらとにかく観に行くと決めている

クリント・イーストウッド監督作品「15時17分、パリ行き」

鑑賞してきました。

いつも観ると決めた映画は事前情報を極力入れないで、

行くのですが、この映画予想通り?日本ではそんなに話題にもなっていないので

偶然情報を見てしまいましたもまったくなく、タイトルも「15時17分、パリ行き」と

内容を少しも想像できるものでもなく、

なんとなく知っていたのが実話の映画化という事と実際に本人たちが

出演しているという事だけ。

3人の若者を淡々と描いているけど、どうやらヨーロッパで起きたテロが関係しているようだという事だけ

なんとな~くわかってきました。

<この先ネタバレあり>





あまりに知らなすぎて最後この3人がテロ犯人を押さえ込みぎりぎりテロ未遂にするとは

まったく思い当たりませんでした(笑)

パンフを読んでもっとびっくりだったのが、実話でのテロ犯を抑え込んだ3人が映画の中の主人公若者3人全て本人で

最後の列車内に至ってはテロ犯に拳銃で撃たれて生死の堺を彷徨った人、その人の奥さん、3人と一緒にテロ犯抑え込むのに

協力した人、その他乗客もその時に本当に乗っていた人をかき集めて撮影したという事!

本当の軍人&学生がずっと映画の中で主役をやっていて、まったく違和感を感じなかったし、

最後の列車内のシーンの他の乗客にも違和感なし!

本人達曰く、自分達に起きた事を再演?しただけだからという事でしたけど、こういう奇跡的?な事って

成立するんだなと。

派手な事は最後のテロ犯とのシーンくらいで後は淡々とした映画ですが、

イーストウッド監督作品好きなら観て損はしないですよ。

ちなみにオランド大統領のシーンは実際の映像だそうです。

本人達が出ていれば、違和感ないですよね。ある意味(笑)




スポンサーサイト
Date: 2018.03.21 Category: 15時17分、パリ行き  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

ネクスト

Author:ネクスト
妖怪「積みプラ」のせいで、いつのまにか貯まっていくガンプラ
捨てる訳にはいかないし、売ってお金になるものではない
という事で積みプラ崩しの為にガンプラ製作に手を出すも
ただ作るだけでは、モチベーションも続かずすぐ挫折。

ブログで製作を公開していけば続くのではないかと思い、
やってみたらとりあえず作り続け一旦は積みプラ解消!
となるも今度はブログを続ける為にひたすらガンプラを
買う事に!!

まさに
「目的の為には手段を選ばず、手段の為には目的を忘れる」
を地で行く展開!!!

でもいいんです、物を作る事の楽しさに目覚めたから(笑)

という事で座右の銘は

「完璧を目指すのではなく、完成を目指す」

の精神で日々製作しています(^^)

最新記事
ガンプラ人気商品
アマゾンガンダム商品
最新コメント
最新トラックバック
リンク
アクセスカウンター
ブログランキング
応援して頂けると嬉しいです
カテゴリ
使用ツール
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ